ディーラーと専門店のどちらの方が車の売却金額が高くなるかとの質問

インターネットで車買取に関する情報を調べている方は、とても多いです。中には質問投稿サイトなどを用いて、買取に関する情報を調べている方もいらっしゃるのですね。いわゆる知恵袋などを用いて、車に関する質問をしている方もいらっしゃいます。

2つのタイプのお店ではどちらが高く売れるか

例えば次のように質問をしている方も、いらっしゃるのです。ある方が、車の売却を検討しているのですね。その方は、2つのお店での売却を考えているのだそうです。
まず1つ目が、いわゆる下取りですね。ディーラー店などで車の新調を行う時の、あの方法になります。

そしてもう1つなのですが、いわゆる車買取店も検討しているのだそうです。ガリバーやアップルなどの大手業者の名前を出して、それらのお店での売却も考えていると質問していらっしゃいました。

そしてその方が一番気になっているのが、どちらの方が金額が高いかだそうです。すなわちディーラーと買取専門店の買取金額の高い方で売却をしたがっている訳ですね。

両方のお店で査定を受けて高い方で売る

私から見ると、上記のような質問は少々意外です。というのも車の買取に関する情報サイトを見てみますと、上記のような話題は良くクローズアップされているからです。ディーラーと買取店はよく比較されていますので、私はてっきり「多くの方々は、ディーラーの方が買取店より安い点はご存知だろう」と思い込んでいたからです。しかし現実には上記のような質問が投稿されている訳ですから、まだまだディーラーと買取店の金額の違いがよく分からない方も多いのでしょう。

結論から申し上げれば、一般的には買取店の方が金額は高いですね。一括査定というシステムのサイトを見ても、それに関するデータが明示されているケースが多々あります。買取店の方がディーラーよりは高いと、数字で証明されている事も多いのですね。ですので上記の方の質問に対する答えとしては、「買取店の方がディーラーよりは高くなる傾向がある」という事になるでしょう。

ただし例外があるのも事実です。たまに買取店よりもディーラーの方が、高く買ってくれる事もあります。何らかのコネなどの問題があって、ディーラーは思わぬ金額を出してくれる事もあるからです。

結局のところ、上記の方としては2つのお店で査定を受けるのが一番良いと思いますね。まずは買取店で査定を受けてみて、その後でディーラーでも査定を受けてみると良いでしょう。それで金額が高い方に売却をするのが、一番シンプルなやり方だと考えます。